まつげエクステに警告
CAUTION

若い女性を中心に大人気のまつげエクステですが、実は目のトラブルを引き起こす原因でもあるのです。

目に優しい目ヂカラメイクの方法とは

女性にとって身だしなみのひとつであるメイクですが、肌をキレイに見せるファンデーションやコンシーラーを使いこなすことも重要ですが、やはり目や眉毛のメイクで顔の印象はとても変わってきます。
特にアイメイクはアイライナーやアイシャドウ、マスカラと化粧品の種類も豊富ですし、正しい使い方をしないと危険なので、きちんと目に優しい目ヂカラメイクを知っておく必要があります。
まずアイラインを引く時にはまつ毛の隙間を埋めるようにまぶたに引いていきます。
ギリギリにアイラインを引くことはなかなか難しいですが、この時に注意したいのが目の皮膚と粘膜の間の部分を触らないことです。
この部分をマイボーム腺というんですが、マイボーム腺をメイクで塞いでしまうとドライアイになったり、角膜を傷つけてしまう恐れがあるのでやめましょう。
アイシャドウでは、目に優しいクリームタイプがおすすめです。
パウダータイプでは飛散しやすいので、あまり目に良くないからです。
もうひとつ気をつけたいのが、つけまつ毛です。
目ヂカラメイクに欠かせないアイテムですが、目に合ったカーブのタイプを引くことを選んだり、糊は半乾きの状態で肌に付ける方が目に優しいといえます。
そして、コンタクトレンズを使用している人は絶対に汚れた指でコンタクトレンズをはめたりしてはいけません。
コンタクトレンズに化粧品が付着してしまうとなかなか落ちません。
化粧品の多くは油成分が含まれているので、石鹸だけではなかなか落とせないしつこい汚れなようです。
必ずコンタクトレンズは清潔な手で、メイク前に装着することをおすすめします。
目ヂカラメイクは目のギリギリにメイクをすることが多いので、充分に気を付けましょう。